腰痛とブロック注射について

腰痛がひどくてお医者さんに行った方は、ブロック注射を勧められたことはありませんか?

私は幸いなことに、ブロック注射をするほどの痛みを感じたことはないです。

でも、腰痛が進行してしまって、痛くて痛くて我慢できない。という方は、ブロック注射を打つしかないのでしょうか?

そもそも、ブロック注射を知らない方のために簡単にブロック注射について紹介しましょう。

ブロック注射とは?

腰に限らないのですが、痛みが酷い時に痛みを感じさせなくする注射がブロック注射です。

患部が痛みを感じて、痛みの刺激が脳に行くのをブロックするのがブロック注射です。

ブロック注射を打つのはとても痛いということで有名で、できれば、注射の世話にはならないようにしたいですね。

ブロック注射は必要なの?

福辻式「腰痛改善」DVDでは、ブロック注射を極力打たないように推奨しています。

理由はについては、DVDを観てしっかりと理解して頂きたいのですが、ブロック注射のようにその場しのぎではなく、根本的な腰痛の原因を改善しなくてはいけません。

注射で、しばらくは痛みを感じなくても、何もしなければまた注射を打たなければいけませんからね。

ブロック注射を打たないで、どうしたらいいのか?

とにかく、腰痛の原因となる筋肉の偏りを治すべきです。

腰回りの筋肉の偏りを治すには、福辻式「腰痛改善」DVDで紹介されているストレッチを試して欲しいです。

まあ、腰痛改善ストレッチは長期的に腰痛を改善するものなので、腰に激痛が走って同しようもない場合はどうしたらいいのでしょうか?

病院に行って、注射を打ってもらうのは個人的にはオススメできません。

まず、ブロック注射自体がとても痛いと言われていますから、できれば避けたいですよね。

その場しのぎが必要になる時は、頭痛薬や痛み止めを試してみてはどうでしょうか?

薬ですから、体質的に飲めない方もいるでしょうが、普段から飲んでいる頭痛薬があれば、まずは飲んでみましょう。

頭痛薬は痛みを感じなくさせる効果(頭以外も)がありますので、腰が痛い時にも効果があると言われています。

福辻先生は、頭痛薬以外にも急な腰痛の対応策を紹介していました。

腰が痛くて堪らないときに、冷静な判断は難しいかもしれませんが、ブロック注射を打つ前に一度上記のことを考えてみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ